QArmyJapanFlynn

OFFICIAL WEBSITE

What is Q-Movement?

概要 - Qムーヴメントとは、

全世界で展開されている軍事作戦である

Qムーヴメントとは、世界人類を戦争/飢餓/貧困/人権侵害などのあらゆる不幸から解放するために、1960年代から綿密に計画され、アメリカ・トランプ政権が2017年10月から実行している、主に情報戦からなるNSA(アメリカ国家安全保障局)を中心とした軍事作戦のことである。アメリカには “Q軍” が存在する。(Q2515 マイク・ペンス副大統領が、Qアノンワッペンを着用したSWAT隊員と写っている https://qmap.pub/read/2515)

【なぜ我々一般市民は、Qを知らないのか?】

Q/Q軍が戦う相手は “カバール” とよばれる 世界的家族犯罪組織。TVや新聞で報道されず、ネットやSNSでもなかなかQの話題を見つけることができないのは、大手マスメディアやソーシャルメディアのほぼ100%がカバール犯罪組織の一員であり、カバールの犯罪を一般市民に見えないように隠蔽するために存在する、人類の不幸の原因/人類の敵だからである。これらメディア企業の従業員の多くが実はCIAの工作員であり、Qの掃討作戦の対象(起訴状が用意されている)となっている。

(2020年2月現在、アメリカ国内だけで144,844の氏名非公表/16,818の氏名公表済み/343,074の氏名公表の起訴状が用意されている。https://qmap.pub/cases)

マスメディアは、Qが一般市民に知られないために(今まで騙してきたことがバレると一般市民に袋叩きになってしまうから)Qについて言及せず、 “Q/Qアノンが悪だ”という印象を与える誤情報を意図的に流している。(Q 3721 フェィクニュースは、アメリカ立憲共和国が、明らかに現在直面している危機をあらわしている https://qmap.pub/read/3721)

【アノンとは?】

Qの世界平和実現活動に賛同し、世界人類を真実に覚醒させ地球上の悪を駆逐するために、主にインターネットの掲示板やツイッターなどのSNS上で情報拡散活動に参加する、匿名の一般市民のことをいう。(Q 3240 Qとアノンは、どこにでもいる! https://qmap.pub/read/3240)

【アノンはカルトではない】

「アノンはカルトだ!」とレッテルを貼り、アノンを危険なものと決めつけて興味を持たせないように頑張る勢力があるが、自分の言説を押し付け、他人を思い通りに操ろうとする彼らこそが傲慢カルト(実際に統一教会や創価学会など海外でカルト認定されている組織のメンバー)である。(Q 189 カルトが世界を牛耳っている https://qmap.pub/read/189)

Qは決して、価値観の押し付けをしない。Qアノンの情報拡散活動は“自分の頭で考えて/自分で決めて” と、ただひたすら “意思決定を他人任せにしないこと” を人類にお願いするキャンペーンであり、“私の言うことを聞けよ!” と教祖への服従を強いるカルトとは全く逆のものである。(Q 3038 思考の自由の力 https://qmap.pub/read/3038)

【アノンは陰謀論ではなく真実論であり、大手マスコミは犯罪組織である】

“陰謀論”という言葉は、1963年のJFK暗殺後「ケネディは銀行を犯罪者から国民の手に取り戻そうとしたために、犯罪組織であるCIAや権力者たちによって暗殺された」という、CIAと結託したマスコミ報道とは異なった真実を主張する人間に“胡散臭い”というレッテルを貼り、真の殺人犯から目を逸らすために、CIAが作った造語である。このことはCIA自身も認めている。

TV/新聞/雑誌/書籍など(現在はGoogleやyoutube、Twitter、Facebookなどの検索エンジンやSNSも)は、現在に至るまですべて権力者たちによって検閲されており、真実を語ろうとする者がいれば “キチガイ” “陰謀論” などとレッテルを貼って社会的に抹殺することに成功してきた。世界的家族犯罪組織(カバール)と大手マスコミ/大手IT企業は、一心同体である。(Q 3409 フェィクニュースと民主党は、人間心理学を利用して 人々を集団思考へと導く https://qmap.pub/read/3409)

【Qアノン誕生の背景】

第2次世界大戦以降〜現在に至るまで、日本銀行を含む世界中の銀行は、国有ではなく私有の銀行、つまり、実質的に世界権力であるロスチャイルド犯罪一味の私有物となっていた。日本も含め、世界中のほぼ全ての政府が、世界的家族犯罪組織(カバール)に乗っ取られていたのである。(Q137 ロスチャイルド銀行(続き) https://qmap.pub/read/137)

犯罪者に乗っ取られたFRB(アメリカ連邦準備制度)をアメリカ国民の手に取り戻そうとして暗殺された第35第米大統領J・F・ケネディの死(1963年)後、米軍や米政府内部の正義感を持つ人たちによる『Q - 世界を救う計画』が始動、綿密な計画が練られ始めた。現在報告されているQは、トランプ大統領を含めたNSA職員や軍関係者などで構成される、10人未満である。(Q 60 10人未満の全体像 https://qmap.pub/read/60)

ブッシュ(父)、クリントン、ブッシュ(子)、オバマと、カバールの選んだ者だけが、米司法省を通じて予算(血税)を盗み続けていたハンガリー系ユダヤ人の資産家、ジョージ・ソロスの指示による不正選挙で、国民の票が選んだとみせかけて、何代にもわたり米大統領に選ばれてきた。(Q 339 ジョージ・ソロスの不正選挙 https://qmap.pub/read/339)

ブッシュ(父)時代は、CIA主導でアメリカを麻薬漬けにし、治安や秩序、アメリカ国民のモラルまでも崩壊させることに成功。クリントン時代には北朝鮮に核開発技術や弾道ミサイル技術を提供し、時折ミサイルを発射させてはキム政権に “ならず者国家”としての役割を演じさせ、それを理由に日本や周辺諸国に武器や戦闘機を売りつけ、また、中東にイスラム主義テロリストを配置して危険な地域にみえるようにして戦争の火が消えないように仕組んできた。(Q 29 北朝鮮は、金(キム)が運営しているのではない https://qmap.pub/read/29)

その後、ブッシュ(子)政権時の2001年9月11日にはアメリカ同時多発テロを自作自演し、これを口実に “対テロ戦争” をでっちあげ、戦争を起こし、たくさんの兵士を死傷させ、戦争屋を儲けさせることに成功した。(Q154 9 -11の資金を出したのは誰https://qmap.pub/read/154)

さらに、カバールは、オバマ8年+ヒラリー・クリントン8年=計16年で、アメリカを完全に破壊してしまう計画を立てていた。(Q570 アメリカ破壊16カ年計画 https://qmap.pub/read/570)

そこでQグループは、1990年に飛行機事故で亡くなったJFKジュニアの親友であり実業家であった、ドナルド・J・トランプに立候補を要請。トランプは、2016年のアメリカ大統領選挙でヒラリー・ロッダム・クリントンを破り、2017年1月21日、第45代アメリカ大統領に就任した。(Q 153 なぜ、ドナルド・トランプなのか https://qmap.pub/read/153)

圧倒的優勢だったヒラリーが、2016年の大統領選でトランプに負けた理由】

(参考動画:『アメリカが危うく犯罪者たちに破壊されかけた物語 https://youtu.be/bpht0JlUaoI)

ヒラリー・クリントンは、史上稀に見る凶悪犯罪者である。ひとことで言えばこれが、ヒラリーの落選理由である。トランプが立候補する以前から、クリントン犯罪一味の数々の凶悪犯罪(2010年のハイチ人工地震主犯/人身売買/小児レイプ/ベンガジ事件/その他数え切れないほどの詐欺・殺人)の事実が大手マスメディア(フェィクニュースメディア)以外のニュースにより明らかになっており、国民は“犯罪者ヒラリー” の対抗馬であるトランプに期待。(『トランプが当選して良かった理由がわかる動画』https://youtu.be/lXkm4IYwBko)

トランプの選挙演説会場はいつも超満員であったのに対し、ヒラリーの選挙演説会場には人が集まらず、やむをえず中止になることもあった。これらの事実にも関わらず、クリントン側から資金提供を受けていたほぼ全てのアメリカのメディア(CNN、ABC、MSNBCなど)は、一貫して “クリントン優勢” というフェィクニュースを発信し続けていた。(Q 1515 DNC(民主党全国大会)/ヒラリー・クリントンと共謀したメディアの長いリスト https://qmap.pub/read/1515)

カバール仲間である日本のメディア(NHK、日テレ、フジ、TBSなどすべてのTV局や新聞/週刊誌各社)は犯罪組織クリントン一味と共謀し、事実とは異なる報道を続けていた。さらに、FacebookやTwitterなどのソーシャルメディアは、‘真実’ を述べる政治アカウントをセンシティブ扱いにして表示させなかったり、アカウントを凍結したりして、真実の拡散を必死に食い止めてきた。(Q 1785 TwitterがMSMと連携して、Qアノンが目立たないようにしている https://qmap.pub)

Googleにおいても、“アノン”について検索した時、それを悪く言うサイトばかりがヒットするよう、検索エンジンは操作されている。(『Googleの内部告発者、グレッグ・クープラの証言』 https://youtu.be/uu5-VQuFU_g)

彼らはなぜ、こんなにもヒラリーが勝つ自信があったのか? …それは、世界中の選挙がジョージ・ソロスの資金による不正選挙(有権者が誰に投票しても権力者が指定した候補が当選する仕組み)により、ヒラリーの勝ちを信じて疑わなかったからである。そして民主党は、次回2020年の大統領選で、また票を盗む計画を既に立てている。(民主党の、2020年大統領選 票泥棒計画についてのまとめ https://qmap.pub/read/3071)

Googleにおいても、”アノン”について検索した時、それを悪く言うサイトばかりがヒットするよう、検索エンジンは操作されている。(『Googleの内部告発者、グレッグ・クープラの証言』https://youtu.be/IveZNzHaoR4)